2013.03.08

母の活動

突然ではありますが
ワタシの母は、北海道の函館の近く。

大沼と言う所の駒ヶ岳の麓に
父と犬と3人で暮らしています。

今年は、雪が深くて、大変だったそうですが
静かに冬を越して最近は、雪がゆっくりと溶ける様な
お日様が出て来ている様です。

僕は中学生の頃から、学校の寮に住まわせてもらっていたので
実際、両親と暮らした年月は少ないのですが
お構いなしに、好きな事をしなさいと
けして真っ当でなかったワタクシをジッ見守ってくれていた
大きな心と決意と愛情のある、両親です。

そんな母とは
嗅覚が似ているのか
しばしば、共通の事を好んでたり
巡り会ったりしています。

最近は、渋谷にあるビーガンレストラン「なぎ食堂」の本を
良さそうな本が出たのよ。なんつって

61++p-heedL._SL500_AA300_
「なぎ食堂」はサケロックのCDを出してもらったり
とてもお世話になった人のお店なんだよ。

とか、

ツイッターで鈴木亜紀さん函館来ないかな〜
なんてつぶやいたのがきっかけで
本人と少しやりとりしたのよ。つって

70726f647563742f53757a756b69416b692f73756e612e6a70670032353000
亜紀さんは去年、一緒に演奏させてもらって
今度、函館一緒に行きましょ!ってお願いしてたんだよ!

とか、

少し昔になるけど、今度ハル小屋(母、はる枝さんの人が集まれるようにこしらえた小屋)に、ICHI君って人と、レイチェルさんって人が演奏に来るのよ。

つって、

ichi
心から尊敬している、お友達2人です。

とか、、、


話がそれましたが、とても感じの良い母です。
その母が、函館から東京に来ています。
言ってたよ!と叱られましたが
すっかり失念していました。
母が、行なっているtete(てて)という活動を

その活動が、東京で行なえることになった模様。

かわいらしい、名刺まで作っていて
僕の知らない母
teteのはる枝さん。。。

こんな事をしています。
もし、興味がある方は
3月9日(土)10日(日)東中野ポレポレ座へどうぞ


てぬぷきん展

たくさんの周りの方たちと3.11から縫って考えて作って笑って
出来上がった1000枚以上の布ナプキン。

… 使い古したコットンやシルク100%の布たちが
やさしく体を守るものとなって 生まれ変わりました。
その布ナプキン(てぬぷきん)たちが函館と東京でお披露目です。

色トリドリなてぬぷきんを見ながら
これからのこと体のこと生きること。
考えるキッカケになるとよいなぁと思います。
-てぬぷきん展-

■東京 東中野■
日時■2013年3月9日(土)
am11:30-pm18:00
場所■
Space&Cafe ポレポレ坐
東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1F
各311円■
てぬぷきんワークショップ
てぬぷきんキット
手ぬい布ナプキン

※本会の収益は経費を除き震災募金に寄付します。
主催 tete(てて)

詳細はこちら http://za.polepoletimes.jp/news/2013/01/20133910.html

tenupukitenn-1
長々と読んで頂きありがとうございます。

ちなみに前途のハル小屋にて演奏させてもらった時
母が作ってくれたチラシ。

024
ワタシの母の中から、この謎の生物が生まれたかと思うと
僕は母には勝てぬ。。。と、感服いたしました。

おれもいつかきっと
謎の生物、生み出すぞっと!